Sapti Inc.サプティー株式会社

お問い合わせEnglish

03-5623-4101

受付時間:9時〜17時(日・祭日除く)

社長あいさつ

不易流行-ヒト・モノ・オモイを紡いで100年-

サプティーは1912年創業以来、常にお客様の要求にお応えしながら、「安心」「信頼」「信用」を大切にし、日々励んでおります。
友禅染,引染による風呂敷、油箪に始まり、国旗、社旗、神社仏閣幕、半纏など捺染技術を生かしたものづくりを実践してきました。
当社における転換点の1つであった東京五輪後の、高度経済成長期以降は大量の宣伝用幟、幕などの印刷・加工を中心に事業展開をする中で、業界で初めて、顔料捺染、生地への写真印刷技術の成功など、研究開発にも力を入れて参りました。
また、そのような積み重ねと、一貫した生産体制による、高品質かつ均一な製品の提供は、当社ならではと自負しております。

私たちサプティーは、代々続く、捺染・染色およびその周辺技術を核としながら、従来の業務に邁進するとともに、スポーツを通して日本の活力を生み出す手助けもしたいという想いから、スポーツ応援企業としての取り組みも継続していきたいと考えております。
そして今後は、新しい事業領域の創出にも果敢に取り組み、顧客に信頼され、魅力ある価値を提供できる価値創造企業を目指します。
皆様にはより一層のご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
齊藤 壽一郎

※1) 油箪(ゆたん)とは、ひとえの布・紙などに油をひいたもの。道具の覆いや敷物にするときに使われる。現天皇と皇后様のご成婚で美智子様が使用する油箪を製作しました。